スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鴨庄 桐原家2

2015/05/23 Sat 06:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

鴨庄の北側の山麓に長州藩寄組だったという、熊谷家居宅跡という場所がありますが・・・
そこからそう遠くない場所に、桐原家があります。

先日紹介した鴨庄の桐原家は熊谷家の筆頭家老だったという家柄。
また、熊谷家とは縁戚関係の家筋です。(桐原直房という名前が見えます)

津布田 吉田 鴨ノ庄 福正寺 鋳物師屋 山川 浴と点在する熊谷氏の領地、
鴨庄は桐原氏が差配していた熊谷領であったということです。

桐原邸の今の家屋の奥に、古い座敷が今も残っています。
遠慮がちに撮ったのでボケてます。
一つ一つ、ゆっくり見たかったのですが…急な訪問者ゆえ・・・遠慮しました。

P1170075 (600x390)

熊谷元直の誅殺(熊谷元直はキリシタンであった)のとき、幼かった嫡孫元貞(千代丸)家老、桐原宗右衛門が背負って
密かに毛利秀元(千代丸の叔父=長府毛利初代藩主)の邸に避難し、難を逃れたことで熊谷家は存続できたということです。


欄間のところに由緒のある熊谷家の家紋「寓生(ほや)」が飾ってありました。
「治承4年(1180年)、熊谷直実が「石橋山の戦い」に敗れて落ち延びた源頼朝を見つけた時、寓生(ほや)で頼朝を覆い隠し身の安全を図った。
その時偶然にも2羽の鳩が飛んだ。後に直実が源頼朝の家臣になった際、そのエピソードを憶えていた頼朝から、家紋として渡された。」
安芸の熊谷氏は近世に至って、「鳩」が消えて「寓生」のみを家紋として用いている。
寓生(ぐうせい)=ほや・・寄生木

P1170074 (600x398)


もう一つ、「あまり手入れしてないけど」と、ちょっとだけと庭を見せて下さった。

P1170076 (600x398)

一つ残念なのは、大門を撮ってなかったこと。
その大門のそばに、上の写真の庭へ出る門があるのです。
今の家になる前は 大きなお屋敷だったそうですが、今はそれを見ることができないのが残念です。


実は、以前、鴨庄のことを調べると、どうしても熊谷家の家老の桐原家の場所を知りたくて、
さんざん探し回ったことがあり、誰に教えてもらったわけでもなく、たまたま通りかかった家の表札が
「桐原」だったので、もしかして?ここがそうかも・・と、記憶の片隅に置いておいたのでした。

私を「杜のまち」のメンバーにと、誘って下さったのが桐原さん。このブログがご縁でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このシリーズの熊谷家、筆頭家老の桐原家などを書くにあたり、熊谷家などを、いろいろ調べていたところ、
偶然にも 同じく家老職の細迫家の家筋にあたる細迫兼光邸の屋内の写真を撮る機会を得ました。
これには、ちょっと驚きを禁じ得ませんでした。すごく嬉しかったです!。

細迫節夫様(兼光さんのお孫さん=先日(5/18)の杜のまちの寄り合いの時の写真(前列)に入っておられます)、
ありがとうございました。

このシリーズの後編で、本邦初公開の 細迫兼光邸の写真を紹介させていただきます。
今しばらくお待ちください。

この写真は、細迫兼光邸の門の前に咲いていたサツキの花です。
兼光さんの伝記を読んで、すっかり兼光ファンになったもので、兼光さんも眺められた花だと思うと、
なんだかとても愛おしく思えました。

P1170921



FC2ブログが慌ただしくなってきています。
社長逮捕で 明日をも知れぬ?いつ消えてもおかしくない状態とか。

せっかく今から良い所なのに・・・



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ
にほんブログ村>←応援お願いします





スポンサーサイト
門 家屋 塀 | コメント(4) | トラックバック(0)

銅像がある家

2014/01/16 Thu 07:00

名和田医院の名和田邸は今は通りから良く見え銅像も昔のまま木の向こう側にあるのですが
写真には写っていません。

P1120889 (600x398)

この建物、壁板や窓が古き良き時代の名残が有って、今までこのブログに載せてなかったのが
不思議です。



以前このブログで載せた時は逆に銅像だけで、建物は入っていませんでした。→こちら



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします



門 家屋 塀 | コメント(4) | トラックバック(0)

移築後の枝村屋枕流亭

2013/06/17 Mon 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

豊臣秀吉が立ち寄ったということで、厚狭の貴重な宝物なのですが・・
私が厚狭に越して来た当初はネット検索、また市の観光関連のページにも何も出てきませんでした。

私が関西で豊臣公に何かにつけて縁があったこともあり、
せっせとこのブログに豊臣秀吉ゆかりの枝村屋枕流亭が厚狭にあることを書いては載せ、
以後、ネット検索でなんとか拾えるようになりました。
多少なりとも広報のお手伝いができたのではと 自負しています。


枝村屋枕流亭の建物は
移築後の、植樹も済み、新しい場所にどっしりと腰を据えて建っていました。


s1110997.jpg

移築が決まり、こうして無事に残った枝村屋枕流亭の建物、
この家を一番愛してらっしゃるのは、枝村家から譲り受け護ってこられた現在の持ち主さんではないかと・・
移築費用なども個人負担だったのでしょ?。

あらためて、この家の持ち主さんに感謝です。




下の写真は4月に厚狭に車で通りかかり、車を一旦停めてもらって
旧R2側から撮った枝村屋枕流亭の建物です。

久しぶりだったので「会いたかった~♪」でした。


P1000120 (600x450)

P1000124 (600x450)

移築で元R2のすぐそばになりました。



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




門 家屋 塀 | コメント(8) | トラックバック(0)

その後の枝村屋枕流亭

2013/03/05 Tue 07:00

昨日は厚狭の『おひな様めぐり』に行ってきました。

なので、山陽街道シリーズはちょっと一息入れるためお休みとして・・
まず最初に撮ったのがやはりここです。


移築完了の枝村屋枕流亭

初めて来られた方のために書いておきますが
ここは豊臣秀吉が九州征伐の折、街道筋の枝村屋枕流亭でお休みになったという建物です。

三条実美も立ち寄った記録があるそうです。
会津・薩摩を中心とする公武合体派のクーデターにより京都から長州に逃れた際の
頃の記録でしょう。(丁度『八重の桜』でこの政変のことが出てました)

この枝村家の方が『隻眼の人』という小説に出てきます。→こちら



鴨橋の架け替え工事のため立ち退きを迫られ、旧国道2号線側へお引越ししたのです。

大福寺とは国道を挟んで真向かいになりました。
移築途中の写真は → こちらに

130030402.jpg


鴨橋の仮橋工事でしょうか?進んでいます。

130030403.jpg




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(11) | トラックバック(0)

枝村屋枕流亭の移築途中

2013/02/01 Fri 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

枝村屋枕流亭の移築が始まったということで久しぶりに厚狭に行ってきました。

移築して所定の場所に座った状態は この先いつでも見れますが
途中!を見なくては!写真を撮ってこなくっちゃ!と昨日は大急ぎで行ってきました。

お~~~!ありました。動いてます。

すご~~~い!


XQyUg67rJTAOiEv1359607196_1359607209.jpg


分かります?

13013100.jpg


こちらの写真は引っ越し前(12/9)に撮ったものです。
こういう時、使おうと考えて・・・出番を待って保存しておいたものです。

JBU3E1f2cfNXJVU1359606844_1359606871.jpg


一番上の写真を見ると、今まで木があって見えなかった右半分を見ることができます。


街道筋の豊臣秀吉のお休み処がこれで保存されるということで一安心ですね。

持ち主さん!ありがとうございます!。




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




門 家屋 塀 | コメント(8) | トラックバック(0)

お屋敷の庭2

2013/01/10 Thu 07:00

寒いですね。

さて続きです。

お屋敷の庭の奥に廻って撮っています。

12110306.jpg

上の写真の右の方に井戸がありました。
手前側は別棟があったところではないかと・・・思われます。

12110304.jpg

このシリーズの画像が見苦しいですね~!ご勘弁ください。



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(7) | トラックバック(0)

お屋敷の庭

2013/01/07 Mon 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

つづきです。

12110303.jpg


お屋敷の敷地の全体を撮るのは難しいので一部を撮っています。

目に付いたのは灯篭です。

空き地のあちこちにあり屋敷の庭は裏庭に至るまで立派な灯篭を配してあったことが分かります。



12110312.jpg


12110307.jpg

12110313.jpg



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(3) | トラックバック(0)

お屋敷の門

2013/01/05 Sat 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

寒い日が続いていますが・・・・・この画像は去年11月に撮ったものです。

厚狭南高のそばのお屋敷です。
解体されたのは以前ここで紹介しましたが、その後が気になっていました。


奥の屋敷が無くなり、庭が見えるようになっていたので、入らせていただきました。

門と塀が残って居ます。

12110301.jpg


ちょっと画像がイマイチですが・・・立派な門です。

12110300.jpg


12110305.jpg


この日撮った画像は全部失敗!でしたが、代わりがないのでアップします。






どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(4) | トラックバック(0)

昨日の枝村屋枕流亭

2012/12/10 Mon 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

昨日 又、やってきました。

雪が降った後、ちょっと雪が止んだ時に撮りましたが・・・
もうそろそろ!でしょうね~!。

12120900.jpg

枝村屋枕流亭の建物がジャッキアップされ、まもなく隣の敷地(画面の左)へ
移築されます。



枝村屋枕流亭の謂れはこのブログでも何度も書きましたが
お分かりでない方は、こちらです。



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(9) | トラックバック(0)

土塀のある家2

2012/11/04 Sun 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

昨日のつづきです。

12100425.jpg

土塀に囲われた中の庭は見えませんが、見えないと見たくなります。
この庭は、お座敷から眺める庭でしょうね。


ここは厚狭毛利家から目と鼻の先、きっと家臣の家だったのではないでしょうか?。


庭のソテツの樹の大きなこと!。個人宅の庭では珍しい大きさです。
昔はきっとこの傍に、別の大きな門があったはず・・。

12100424.jpg


秋祭りのポスター

見えにくいですが・・古式行事は2時から。
夕方5時頃から始まるのが裸坊そして黄幡様
この3つが本来の<厚狭の秋祭り>と私的には・・・そう思っています。

12110311.jpg





どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


門 家屋 塀 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。