スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は厚狭ではなく小野田地区です。

小野田線目出駅から南に10m入ったところにある松江八幡宮ですが
厚狭との共通点があるので参考までに載せておきます。

P1000099 (600x450)


大内氏の祖とも言われる琳聖太子が立ち寄られたという伝説がある八幡宮です。

P1000097 (600x450)

詳しくはこちら・・http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/yamaguchi/sanyou_onoda/matsue_hachiman/hachiman.html

その時、百済から随行したという家臣の家系の家が近くにあるということですが・以前書いた記憶があります。

追記。
「社伝によれば、目出、旦地方に多い江本姓の遠祖、讃井という物が
六一一年(推古天皇のころ)、大内氏の始祖・琳聖太子に随従して
朝鮮半島の百済から大和国(奈良県)向かう時、風波を避けて目出の海岸に
船を着け、しばらく滞在した。やがて大和に入京したが、後に讃井は
その縁故を頼って目出に来住、入り江を開拓し、名を改めて江本四郎丸定成といった
という。約百年を経て、人家次第に増え、和銅二(七〇九)年、
江本四郎丸定頼いう者が豊前国宇佐八幡宮より勧請して社殿を祀り、
目出地方の守護神としたのが本社の始まりと伝えている。」

また、「目出という地名は、寄進された社領地の税を免ぜられた
免田による語音の転化であって、いつしか[めで(目出)]となり、
社号の松江は、老松生い茂る入り江にちなんだものだ」
と記してあります、

厚狭の鴨神社には琳聖太子の母(王の妃)が、祀られています。

どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓”
  (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします






スポンサーサイト
神社 仏閣 祠など | コメント(8) | トラックバック(0)
今日のふるさとの窓はこちらです。

この街道筋の見どころの中の一つはこの空き家。

12112236.jpg


来るたびに朽ち果てていくのを確認するのがなんだか悲しい・・・・。
でもこの古さ加減が旧街道らしいのかもしれません。


12112220.jpg


さて・・・この先ちょっとうっそうとして山賊が出てきそうな雰囲気です。







どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

山陽街道11 

2013/02/24 Sun 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

山野井八幡宮の下道をぐるっと回りここから旧国道に向かいます。

12112242.jpg


向かうと書きながら・・・今日の写真は全部後ろを振り向いて撮った形になっています。
実は帰りも同じ道だったので、足りない写真を撮ったからです。
それを繋げて載せるのは画像が飛んでいてとても大変なんですよ。

と、裏話をちょっぴり紹介したところで、先へ進みます。



向こうに見えるのが山野井八幡宮の鎮守の森。この背面は旧国道2号線。

12112241.jpg

街道巡りはここでストップする方が多いようですが、この先が個人的には好きな道です。




余談ですが・・・
インフルエンザが大流行していますが、みなさんは大丈夫ですか?。
ひがんばなも今のところは大丈夫です。

2年前だったか新型インフルエンザに罹った時は一人暮らしですから、大変でした。
医者行きのタクシーを呼んだら、運転手さんに遷してしまうと思い、結局 家に籠って治しました。
熱はある程度出さなくてはだめなので、頃合いを見て、漢方の麻黄湯(解熱効果のある感冒薬)を飲み治しました。







どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

正法寺本堂跡地

2013/01/31 Thu 07:00

つづきです。

正法寺の現在の本堂を裏から撮っています。

確かにここから眺めは素晴らしいです。

12100219.jpg



この正法寺、昔の本堂は今よりさらに奥の高い所にあったのです。
そこから下りたら今の本堂です。

私には今の本堂はあまり興味がなく、昔の場所に今は何もなくてもそちらに惹かれます。
現代の隙間のない石垣よりも、こういう自然石を積んだ石垣のほうがずっと歴史の重みがあり
見ごたえがあります。本堂建築当時の石垣のようですから。


12100218.jpg


昔の人はパワースポットを見つける能力が普通にあったのでそういう場所を選んで建てているはず・・・
ということでこの場所にしばらくたたずんでいました。
源平合戦で消失しあとの再建で、大柱の根本に運搬の時の鋼の跡が残っている(今あるかどうか?)。


古い歴史の割に境内にある新しい仏像が・・・ちょっと~!
私的には歴史と合わせて見てもアンバランスで 写真も撮る気になりませんでした。
でもって・・パス!です。

もっと他の仏像などの写真を見たい方は他のブログでご覧下さい。





このブログは気がすすまないものは載せたくない!ひがんばなのワガママブログでもあります。


/////////////////////

枕流亭の移築工事が始まったとか・・・

宇部日報記事・・→ こちら 



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします







神社 仏閣 祠など | コメント(8) | トラックバック(0)

松嶽山正法寺

2013/01/30 Wed 07:58

今日のふるさとの窓はこちらです。

やっと来ました。
松嶽山八合目にある正法寺。真言宗のお寺で、正歴2年(991)西国巡幸の花山法皇によって創建されました。

12100207.jpg

ここにある十一面観音は法皇自ら一刀三礼で刻んだものと言われている。

源平争乱の折、兵火で炎上、また元寇にあたっては異国降伏の祈祷を行ったということです。
鎌倉、室町期の貴重な古文書が数十点、その盛時を示す古地図が伝存。

ここは歴史的にみればすごい!ところです。



広い塔中に十二の坊があったということです。

12の坊にあれ?似てる・・・と思い出したのは
(有馬温泉は十二軒の湯治宿(十二坊)と呼ばれた坊舎が存在、一部の旅館はこの伝統的な名称を継承している。その管理に平家の落ち武者があたった)


12100205.jpg
12100206.jpg


厚東武貞が寄進した洪鐘(県の文化財)。

12100215.jpg




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

正法寺への近道

2013/01/28 Mon 07:00

昨日の続きです

そこからさらに上に進んで行くと・・・

ここ

12100204.jpg

昔は、遠足でここから登って正法寺に行ったそうですが・・・

この日は車だったので右から回って入っていきました。



歴史ある場所、やはり正法寺は厚狭のブログには無いというわけにはいかないですね。





どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(2) | トラックバック(0)
今日のふるさとの窓はこちらです。

新年早々に松嶽山からの風景を載せましたが・・関連の画像がまだ残っていました。

松岳畑から松嶽山正法寺を目指す途中に有ったお堂です。

名前を忘れたので地図で調べたら三神社?でよかったでしょうか?

12100202.jpg



これ見たことあるな~と思ったら、妙見山にある神社の建物と似ているような気がしました。

でもあとで写真で比べれば似てるとは言い難かった。あちらはもっと古いです。

12100203.jpg


・・・・おめでとうございます ・・・・・・・・・・・・・・・・

厚狭高校のニュース・・宇部日報より
http://ubenippo.co.jp/2013/01/post-3433.html

「徳久さん(厚狭高)創作ドレスが文科大臣賞に」

asakoukoudoress.jpg
写真は宇部日報からお借りしました

厚狭高校の快挙!毎年続いていますがこれも大変だと思います。





どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

大福寺

2012/12/12 Wed 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

加藤にある大福寺

12101410.jpg


国道が出来て、今は、昔の山陽道(今の本町)から寸断されてしまったけれど
昔は街道から参道へと導かれお参りしてたんだろうな~!と妄想が膨らみました。

先日は街道からこちらを眺めましたが・・
国道が出来て道が高くなったので、この門の前の傾斜や、本町の方へ行く坂道は
昔は無かったのだと思われます。


ここ大福寺は
解説によれば「はじめは真言宗神護庵と証し、鴨神社の社坊であったが、江戸初期に浄土宗に改め
大福寺と改称した。本堂に丈六の阿弥陀仏を奉安し、別堂に観音像を祀っている。」


12101411.jpg


このブログのタイトルの名所絵図でも載っています。(ひらがなの「す」の字の横)

「枝村屋枕流亭」が移築されると、大福寺とは国道を挟んだお向かいさん同士になります 


コメントのお返事ができないかもしれません。




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

厚狭神社

2012/11/11 Sun 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

これは招魂場の裏の少し高い場所にある神社というか祠と言うか・・・

12100224.jpg


山陽町史には厚狭神社の説明がありました。

「慶応2年、四境戦に厚狭毛利家および、村民の参戦したこともあり戦没者を祀る招魂場を
建立したことに始まる。」

招魂場が出来た時に、建立なったというのは護国神社だと思うのですが
厚狭神社の説明文です。関係がちょっと分かりません。



最初は気が付かなかったけれど、良く見ると、鳥居の真正面に祠がありました。
ここから招魂場とは階段で繋がっているけれど今は草で覆われて通れない階段になっています。

12100229.jpg


参道は草ボウボウ!

12100230.jpg


厚狭毛利家の紋が入ってます。穴は日月になってます。

12100225.jpg



厚狭毛利家は跡継ぎがお二人とも戦死され 断絶となったのでしたね。
(菩提寺は洞玄寺)

厚狭毛利家のことは全く無知ですみません。

そんな私が、越してきて間もなく、厚狭毛利家の敷地探検でこんな地図を作ったのですから
不思議なご縁を感じます。


物見山経塚から左に入った場所ですが地図ではキャンプ場となっているようです。

グーグルマップレンタルサーバー







どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




神社 仏閣 祠など | コメント(6) | トラックバック(0)

奥の浴賀茂神社

2012/11/06 Tue 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

9月に行ったもので、記憶が薄れてしまって・・・
この日、奥の浴蔵田幾之進屋敷跡に行った後、訪れた場所です。


12100239.jpg


神社名は確か賀茂神社だったような・・・。


鴨社、賀茂大明神ともある。「寺社由来」は正保年中(1644-47)に久座掃部が荒廃していた
社を再建したとする。
その後、江戸時代に久佐・粟屋、中川、蔵田、三井の諸給領地の祈祷所となり、領地の住民を
氏子とした」



天井の絵が色鮮やかに残っていて1枚1枚眺めましたが・・なかなか興味深かったです。

12100240.jpg




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


神社 仏閣 祠など | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。