スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自然がいっぱいだけど

2009/11/30 Mon 09:06

09.11.30
今日のふるさとの窓はここです。



どうやら空き家のようです。

この家は引き返す時、撮ったので、場所がどの家の次だったのか
思い出せなくて、順番は違うかもしれません。


少しだけ山の間から空が見えましたが、秋の写真は・・・物悲しい・・・


春になったら手前の木も芽吹き、やがて花がさくことでしょう。
また春になったら来てみたいと思いました。


自然がいっぱいで口では「ステキ!」と言うけれど
田舎暮らしと最近よく聞くけれど・・・
助け合わないと、実際にこのあたりで暮らすのは厳しいだろうと思います。


突然現われた新幹線の高架を、新幹線が通り過ぎて行きました。



さて、この先、進むべきか?と悩んだのですが・・
まだもう少し先へ行ってみよう!そう思って先へ進みます。


 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




スポンサーサイト
門 家屋 塀 | コメント(2) | トラックバック(0)

トタン葺きの家

2009/11/29 Sun 09:32

09.11.29
今日のふるさとの窓はここ、昨日の続きです。

この屋根は明かり採りでしょうか?



今まで見た事がありませんが・・・なるほど・・アイデアです。

納屋も良い感じです、木が邪魔をしてよく見えないのが残念ですが
近づくと不審者になりそうで・・・近寄れませんでした。


こちら似てますが・・別の家です。



色付いたイチョウの木、人工的な遊歩道にあるのでなく、
自然の中で竹林の景色にマッチしています。

今はもう廃れてしまったものが、ここにはたくさん残っています。


のどかな田舎の景色には本当に癒されますが、
今の若い人はどういうものに癒されるのでしょう?。

このトタン屋根も もっと昔は茅葺だったけれど、今はもう見当たりません。
そういう写真はあまり残ってないですが・・
せめてトタン屋根の昔の家は写真で残しておきたいと思うのです。



 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




トタン葺き屋根の家 | コメント(4) | トラックバック(0)

お洒落な屋根の色の家

2009/11/28 Sat 08:36

09.11.28
今日のふるさとの窓はここです。



この屋根の色あいは初めて見る色でした。

なんと素晴らしい組み合わせ!

茶色い瓦とブルーがかった漆喰?
一部白がアクセント

私はこの色の組み合わせは大好きです。
そう言えば、昔この色あいに似たチェックのスカート持ってました。


このあたりの家は山すそにあって屋根のむこうの背景が緑の木々、
木立の奥に空は見えません。



この佇まいは新興住宅地にはないものです。


そういえば・・厚狭から小野田地区に向かう途中の千崎の畑に
猪が出没したとか・・・

ということは夏に、ゴルフ場で目撃された熊はもしかしたら猪?


でも 猪が出るから田舎?と言うわけではありません。
神戸でも北野あたりにはゴミをあさりに出没しますから。


でも、こういう家は秋の季節とピッタリ合いますね。
紅葉する木々はなくても、秋の空気がピッタリです。


  小春日和の日 ここまで来て良かった!




・・・・・・・・・   まだ明日へつづきます ・・・・・・・・・・・・・


 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




門 家屋 塀 | コメント(2) | トラックバック(0)
09.11.27
今日のふるさとの窓はここです。

昨日の場所から更に奥に進みました。
庚申塚が真正面に見えてきました。




山陽町史に庚申塚のある場所の記録がありました。
何気なく通り過ぎていたけれど、歴史を調べるとこういうものも無視できなくなりました。

その場所ごとに歴史は違います。
ここも遠い昔からの歴史、ご先祖様との繋がりはこの庚申塚が知っていることでしょう。

そういえば祖母が言ってた「庚申様が・・・」
子供の頃は庚申様って何か知らずですがなぜか言葉は覚えています。

庚申のこと 詳しくは→ こちら


そこを通り過ぎ・・少し先に一本道から反れる小道がありました。




なかなか趣がある小道、その先の家も気になりましたが
その日は、もっと先に行きたかったので脇道に反れるのは止め

ここは ススキを撮るだけにしました。

ススキっていろんな表情をするということがこの秋、分かったことでした。

・・・・・・・・・・

新型インフルエンザはますます蔓延しています。
小野田小、休校をはじめ学級閉鎖も毎日増え続けています。

山口県は患者の定点観測が64人だそうで全国平均の38人を大きく上回っています。
なんと全国4位だそうです!。
私はもう罹りましたので、怖いものなしです
季節性のワクチンは10月に接種済み、これも今は品不足だそうです。
(罹ってる最中でもこのブログは休みませんでした)


ちなみに私が準備していたインフルエンザグッズです。

d01092_1 

インフルエンザだけでなくパンデミックにもこれだけは必要だと思いますよ。

その他には食料品も多少備蓄していましたので、罹って困ることはありませんでした。
(一人暮らしですので・・)

そして完治した後、ドアノブなどをアルコールで拭いて
屋内の除菌もバッチリ済ませました。



 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




神社 仏閣 祠など | コメント(4) | トラックバック(0)

深まる秋を求めて・・・

2009/11/26 Thu 09:39

09.11.26
今日のふるさとの窓はここです。

ちょっと足を延ばすと、厚狭にはこんなのどかな秋の景色がありました。




旧国道2号線、長友から北に入ったこのあたり
昔のままの景色が残る地域です。



今年は大雨で被害が出た地域もあったのですが・・・

このあたりはどうだったのでしょう・・・。


初めて行ったこのあたり、すっかり気に入りました。

もう少し先へ行って見ましょうか。


ガイドブックを持った人が普通にいる街で暮らしたもので
毎日、出勤途中に、カメラを構える人に代わってシャッターを押してあげてました。

だから リタイヤした今は 
そういう所に出かけるのはあまり好きではなくて

こんな景色が一番安らげる場所です。


都会で暮らして疲れたらこんな所に来るのも良いものです。
作られた人工的な自然美ではなく

昔のまま、ありのままの田舎の景色の背景は
何100年も前と変わらない山々が温かく取り囲んでいます。


新幹線が停まる町の厚狭ならすぐ来れますよ!
ってここで誘致してどうする?



帰って来て、一体自分はどこへ行ったのか?
地図を広げて確かめました。







 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




トタン葺き屋根の家 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。