スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

厚狭川の堰の跡

2010/01/31 Sun 08:47

2010.1.31
今日のふるさとの窓はここです。

旧山陽街道がらみですが、1940年代の航空地図を見ていて
あることに気がついたのです。

これは何?
上が鴨橋  下に鉄道が通っていますがその中間にあるもの


鴨橋の南 川の中にある・・橋のような線それも旧山陽道と一直線に


それがだと分かったのです。

堰止めて・・すると船で渡してた痕跡か?


ともかくそれがあるかどうか?と厚狭川に行ってみました。

ありました!




真正面の赤い矢印が あの消えた旧山陽道に入る道





長い歴史を刻んだ堰です



ということで・・見つけた時はすごーく嬉しかったです。



どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 


スポンサーサイト
旧山陽道&枝道 | コメント(8) | トラックバック(0)

旧山陽道 山野井七日町

2010/01/30 Sat 10:04

2010.1.30
今日のふるさとの窓はここです。




鴨橋を渡り、90度曲がって旧山陽道をここまできました。




この道を抜けると山野井工業団地へ行く道に突き当たります(前に少し見えてます)。

その道に出ると左にお地蔵さんがたくさん並んでいました。
生憎写真は撮らなかったです。

この日は、ここで引き返しました。
またいつか、この先に行けたらいいな!と思っています。

ちなみに先を書いておきますが・・
その道を横断して・・また道なりに直進すると
旧国道2号線に行き当たりここに出ます。
(以前、旧国道2号線を通って行った場所です)

あの大きなお屋敷を左に見ながらJRの線路方向に進むのが旧山陽街道です。



彼岸花を求めて、長友あたりまで行ったのは→こちら
旧国道2号線から、こちら側を見て写真を撮っていました。

この町には神戸にはありえない! あんなのどかな景色があるのです。
開発も良いけど、
持ってる良いもの(勝パターン)を捨てないで保存していきたいものです。


昨日書いた七日町古墳はいったいどこにあるのでしょう?

PetitDarlingさんが市に問い合わせたら「岡石丸運動広場入口のすぐ北
とのことで探したけれど分からなかったそうです。

私も以前行った時、探しましたが・・分かりませんでした。





さて、明日は・・街道から外れて・・・どこへ?




 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


旧山陽道&枝道 | コメント(10) | トラックバック(0)

旧山陽道 石丸橋

2010/01/29 Fri 10:43

2010.1.29
今日のふるさとの窓はここです。



大正川を渡る石丸橋です。


そうそう、ここに至る前の、下の建物も旧山陽道になくてはならない風景かと・・

去年の4月7日のブログに載せていますが再度写真を載せます。




石丸橋を過ぎると七日町。

以前来た時、七日町古墳を探したのですが、分からず諦めて帰ったことがあり
あれ以後、来ていなかったのです。(今回もパス・・いつかゆっくり来て見ます)

さてこの先はうっそうとした雰囲気?坂道です。



以前来た時は ここから先へは なんだか~と・・・・行ってなかったので
このたびは、この先の景色はどんなのだろうと・・恐る恐る・・進んで行きました。



昨日の小春紀行の「左右に岨ある坂を長く下り行けば・・・(逆コースだから)」
きっとこの場所にあたるのではないでしょうか。→ 昨日のブログ


山道を抜けると・・こんな景色が広がりました。
本来自然の道はこんな風に曲がっているものなのですね!。



のどかな里山の風景です。

昔の街道沿いだから、ここは かの豊臣秀吉も九州におもむく際に
通って行ったのでしょうね~!。

そんな昔に思いを馳せながら・・・先へと進みました。




 では先は・・明日へと続きます



 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


旧山陽道&枝道 | コメント(4) | トラックバック(0)

旧山陽道 小春紀行の厚狭

2010/01/28 Thu 09:30

2010.1.28
今日のふるさとの窓はここです。




昨日の続きです。
旧山陽道。厚狭駅新幹線口前の造成地域を通り、先へ進みます。

県道(津布田群線)と交わる場所、桜川橋を渡り、直進します。


この写真の左方向に厚狭毛利家の墓所、洞玄寺があります。




小春紀行
「人家まばらに十余戸もあるべし、左に赤き岸そばだちて右に田あり、
田のむかひは山なり、左右に岨ある坂を上るに左に赤き岸そばだちて、
右は田にして田の向ふは山なり、
左右に岨ある坂を長く下り行けば、右下津洞玄寺道五町といへる石表あり」


の意味を調べてみました。
そば【岨】《「稜(そば)」と同語源。古くは「そわ」》山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁など。

「小春紀行」は
蜀山人=江戸時代後期の狂歌師、大田南畝が九州から京都にのぼる時書いた道中記

ということは、逆方向から進んで来たということですから・・・・
切り立った険しい道は この先にあるようです。

どういう険しい道でしょう?

昔の人は旅をするのは大変だったのですね。

厚狭の宿に入るのに、人相悪い人が出没するから
籠で通り抜けたと書いているのもありましたよ。
(厚狭は通り抜けですって!)


   さて、長くなりますので・・今日はこの辺で・・・



どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 


交差点 | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.1.27
今日のふるさとの窓はここです。
厚狭駅新幹線口前の造成地域




昔、この一帯は千町ヶ原と言って田んぼだったのです。
(千町ヶ原の中央が厚狭駅だそうです)

厚狭駅が新幹線駅になり、この一帯はきれいに造成されたのですね。

私が越して来た時はもう出来上がっていました。
あれから少し建物は増えています。

左に市の文化会館の建物が見えます。

この一直線の道が旧山陽道だとは!知らない方も多いのではないか?と
思います。



ここを通り過ぎて・・振り向いてもう1枚、全体を撮りました。
厚狭新幹線口方面です。



寝太郎神社はこの画像に入っていませんが、
新幹線高架寄り、画面左方向にあります。



全国高校クリエイティブコンテスト、厚狭高校全国1位
新しい横看板が校門前に掲げられましたので、早速、撮って画像を載せました→こちら(1/15のブログです)
去年の画像と並べて入れておきます。連続1位ですから。

越して来た者ですが、本当に嬉しいです。


 どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


旧山陽道&枝道 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。