スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ中国地方ランキング
2010.3.31
今日のふるさとの窓はここです。
旧山陽街道を厚狭から吉田宿(下関)方面へ向かって進んでいます。

[#IMAGE|S34#]さて、山野井八幡宮にやってきました。
先日の山野井八幡宮→こちらをまずご覧下さい。
(前に来た時は、神社とは川を隔てた道を通りました)

今日は同じ場所から撮った3枚の写真です。
まず(
2010.4.29追記 
後日判明したのですが、このルートが正式の昔の山陽道だったようです。

橋を渡って前回の道とは違う神社の真ん前の道へ入りました。
神社の鳥居の前は桜が咲いていました。(3日位前の写真ですが・・)


ここで後を振り向くと、この道()。
私が通ってきたのはこの道ではありません。右下の橋を渡った大きな道です。

庚申塚の後から続いていて気になっていた道です。
ただの農道?

この道、七尾日町古墳のあるお宅の前にも繋がっています。


その場所から、90度横を向くと(
2010.4.29 追記
この橋を渡り、上の写真を行くルートが、旧山陽街道の正式ルートと分かりました。

神社の敷地に沿って、道?
今はうっそうとした木が邪魔をして人間は通れないのですが・・・
昔は通れたのかもしれません。

ずーとむこうに続いています。

護岸工事がしてある(A)の道も、昔は手を加えない(C)のような
道だったかもしれません。




どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい

そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
(中には地名が違うのがあるかも知れません・・が、お知らせ頂ければ訂正致します)




スポンサーサイト
旧山陽道&枝道 | コメント(0) | トラックバック(0)
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ中国地方ランキング
2010.3.30
今日のふるさとの窓はここです。

26日の日記に書いた七日町はずれの道しるべ。

左は埴生道でしたが、この道が山陽道から反れて埴生道へ入る道です。


ここから埴生へ出て、埴生から九州や下関に渡航することを
禁じた立て札がこのあたりに立っていたそうです。



撮った場所から右にあった庚申塚です。


桜、咲いていました。(撮ったのはは3月27日でした)

ここから又、まっすぐ街道を進みます。


冷えますね。
関西の方ではアラレが降ったそうです。

冬は冬眠を宣言しながら・・・・
どうやら冬を越したようで、ブログを続けられて良かったと思っています。

なにしろ、画像なしでは話にならないブログですので・・

寒いのによく出かけました。自転車で・・・・






どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい

そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
(中には地名が違うのがあるかも知れません・・が、お知らせ頂ければ訂正致します)




旧山陽道&枝道 | コメント(4) | トラックバック(0)
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ中国地方ランキング
2010.3.29
今日のふるさとの窓はここです。

昨日からの続きで旧山陽街道を進みます。



前にも書いた文を引っ張り出しますが・・

このあたりを大田南畝が書いた「小春紀行」によれば

「人家まばらに十余戸もあるべし、左に赤き岸そばだちて右に田あり、
田のむかひは山なり、左右に岨ある坂を上るに左に赤き岸そばだちて、
右は田にして田の向ふは山なり、
左右に岨ある坂を長く下り行けば、右下津洞玄寺道五町といへる石表あり」


は山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁のこと


[#IMAGE|S27#]書いてある通り、このあたりから、昨日書いた山野井神社までは
がたくさんあり、昔の街道の面影が今も残っています。


そんな道を進んで行く途中、こんな蔵を見つけました。


これは撮らないわけにはいきません。
お洒落です!レンガと金属の扉、いつごろできたものでしょうね!。


実を言えば・・なぜ昨日から 行きつ戻りつのレポートになったか?と言えば、

この蔵、最初は撮ってなかったのでした。


26日のコメントで、その事に触れられ、やっぱり撮れば良かった!と
一昨日、再度、行ってきたわけです。


やはり気になったものは撮る!そうでないといけませんね。






どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい

そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
(中には地名が違うのがあるかも知れません・・が、お知らせ頂ければ訂正致します)




旧山陽道&枝道 | コメント(6) | トラックバック(0)
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ中国地方ランキング
2010.3.28
この旧山陽街道は駆け足で駆け抜けてしまったようなので
もう一度出直しを・・・・・ということで・・・ここまで戻ってきました[#IMAGE|S23#]。

公園まで行かずですが・・入り口には桜が咲いていました。
右が街道です。


左に見えてきた この道、題して「山道へのいざない」


両脇に水仙が咲いていて、「さ~!いらっしゃいと呼びこんでいるような気がしました。

でも誘惑にもめげず 寄り道せず、まっすぐ進みました[#IMAGE|S12#]。


いつの日か、この山道にも行ってみたい!
そんな気持を残しつつ・・・


街道を、再度 山野井方面へ向かって進みました。


NHKの<山陽道をてくてく歩く番組>は厚狭はあまり露出はなかったけれど
元シンクロの原田さんも、ここを歩いて行かれたのですね。


街道巡り 最近 流行ってます。
特にこの街道はのどかな道なので お勧めです。
新幹線側駅前(文化会館傍の道)が旧山陽街道ですから、
ちなみに駅からここまで1キロ位です。


岡石丸運動公園までの検索ワードを見かけますので
地図を入れておきます

石丸運動公園の地図







どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい

そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
(中には地名が違うのがあるかも知れません・・が、お知らせ頂ければ訂正致します)




旧山陽道&枝道 | コメント(4) | トラックバック(0)

旧山陽道 山野井八幡宮

2010/03/27 Sat 00:11

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ中国地方ランキング
2010.3.27
昨日の続きです。

道しるべで道が分かれていましたが、ここは吉田宿の方に進んで行きました。

実はあの付近は以前にも書いています。→こちら

あの時は、先に進まずここで終りでしたが、

今回は山野井工業団地へ行く道を横切って
旧国道2号線(山野井)までの道を進んで行きました。

この道、もっと細い道だと思っていましたが、適度に広い のどかな田舎道

右に見えてきたのが山野井八幡宮



もしかしたら、
神社の鳥居前の方の道が 昔の街道だったのかもしれません。

神社の写真を撮ってそのまま、寄り道しないでまっすぐ先へ進みました。


・・・・・・・・ここでシマッタ!と気がつきました

この旧街道シリーズのここに来るまでに 載せ忘れがありました。

ここで載せておきます。

石丸橋の近くにあったこの蔵、見るたびに朽ちていくのが分かります。

前に撮ったのは去年9月


半年でこんなに


蔵の基礎の骨組みが分かります。


他にも旧街道筋に興味深いがありましたが、今回は写真を撮らずでした。




今日は気温が随分低いようです。

桜の開花は?暖かくなったら今にも開きそうでした。

一昨日撮ったものですが・・わらじの公園の桜です





どこにでもある風景だけど
ここが故郷の人には ここは思い出の場所
このブログは故郷への窓 
 (山陽小野田市厚狭) 



厚狭の景色を画像で残しておきたい

そんな気持ちで黙って撮った建物の画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
(中には地名が違うのがあるかも知れません・・が、お知らせ頂ければ訂正致します)




旧山陽道&枝道 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。