スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

奥の浴 蔵田家屋敷跡

2012/10/31 Wed 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

歴史が苦手でこのブログは風景写真だけにして逃げていたのですが・・・
ここにきて自転車ではとうてい行けない場所に連れて行ってもらえることになったのです。
9月19日のことでした。

。。。さん、・・・さん、ありがとうございました。


ここにある写真の風景の謂れを書かねばなりません。

気にはなっていたけれど・・日にちばかりが経っていき、後から撮った風景写真を先に載せ、
この日の記事は後に後にと・・先送り。

やっと、町史を広げ、スキャナーで取り込みました。

12101600.jpg
山陽町史327ページの写真、上の景色が今も変わらず残っている奥の浴です。


本当ーーーーーーに良いところでした。

12100241.jpg


目はこの景色に釘付け!


12100243.jpg

蔵田家から見下ろす風景にあたるこの景色に見とれてしまい足元の砂利に足をすくわれ、
胸に下げたカメラを守るため余計に不安定な姿勢になって滑ったもので、
両膝はずる剥け、手足打撲の名誉の負傷!。

これが↓恨みの景色となったわけです(笑)。

12100244.jpg
この写真の中央坂道が下の写真の石垣の傍の坂道になります。
カメラ位置付近で転んだのです。


今も残る蔵田家の屋敷の石垣

12100245.jpg

蔵田家
大内氏に仕え後に毛利家の家臣となり給領地として松が瀬村奥の浴を給わった家柄。

蔵田幾之進
長州萩藩士二百五十石蔵田信豊の長男
武芸群を抜き、藩校明倫館の道場で柔術、居合、長刀の家伝三流の師範を勤めた。
高杉晋作が 奇兵隊とは別個に 先鋒隊を創ったとき、幾之進も隊士に選ばれた。
しかし奇兵隊との身分的な対立。奇兵隊数十人が、裏町教法寺の先鋒隊本陣に押しかけた。
先鋒隊の大部分は裏口から逃げたが、居残った五人は白刃を抜いて奇兵隊士と斬り結んだ。
腕に覚えのある幾之進も奮戦して重傷を負い、その晩絶命した。
行年三十四歳。
末裔は美祢市厚保本郷におられるとか。


今回は地図はどこと限定が私にはできないので、大体の場所です。

グーグルマップレンタルサーバー




とりあえずこの風景を載せただけで、この厚狭ブログに<箔がついた!>と自己満足しています。


自転車では絶対に行けない場所に連れて行っていただいて本当に良かったです。
この日、まだまだたくさんの他の場所へ行ったのですが・・一度に書くにはエネルギー不足につき、
また後日・・・ぼちぼちと載せていきます。



さて・・・10月も今日で終わりです。

ここで皆さんにおしらせがあります。

突然ですが、先日びわ子さんもおっしゃって下さいましたが、お言葉に甘えることにして、
このブログの日々更新から不定期更新に変更させていただくことに決めました。
また、載せる写真が季節に合わないこともあると思います。

(最近ちょっとその傾向があるのはお分かりですね)ともかくよろしくお願いします。

そう書いたら少し気が楽になりました。





どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします



スポンサーサイト
地域の歴史や伝説 古墳&遺跡 | コメント(19) | トラックバック(0)

R2厚狭埴生バイパスの下

2012/10/30 Tue 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

ここは妙徳寺山古墳の近く、厚狭埴生バイパスの真下。

12100411.jpg


このバイパスは歩道が片側しか付いてなくて、杣尻と下津の間で左右(北側→南側)入れ替わるのです。
なので この道が乗り換えをするルートになります。

写真の左の階段をを登るとバイパスの歩道に出ます。
以前 自転車で下津から杣尻に行くのに途中、歩道が寸断、次は反対側に・・
移るのに信号を渡るのではなく、妙徳寺山古墳の傍の道を下りて、ぐるっと廻って
ここを登ったことがありました。


正面に見える辺りの景色が好きで、以前にも違う角度から写真を撮ったことがあります


地図を拡大するとよく分かりますよ。

グーグルマップレンタルサーバー




厚狭秋祭りも近づきました。(11/11(日)ですよ)




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします




風景 | コメント(2) | トラックバック(0)

田園風景~杣尻方面

2012/10/29 Mon 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

ちょっと前の風景です。
野中から杣尻方向を撮ったものですが、稲の絨緞が綺麗でした。(10月のはじめ頃です)


12100409.jpg


今はもう稲刈りはどこも終わっています。

私の知人の実家では酒米を作っていて、正月過ぎてもまだ稲刈りが終わってないと言ってたことを
思い出しました。



グーグルマップレンタルサーバー



いつもボタンを押してくださってる方々へ
どれだけ励まされていることか・・・・・本当に感謝しています。
ありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


風景 | コメント(3) | トラックバック(0)
今日のふるさとの窓はこちらです。

10月はじめ頃の風景です。
R2厚狭・埴生バイパスもこうしてみると絵になります。

杣尻I.C.と下津I.C.の間です。
先日、天皇皇后陛下行幸の折、この道を走られました。
(一旦、下津で下りて文化会館で休憩された時、私達はお会いできたのです)。


ここは以前、ススキとセイタカアワダチソウの季節に来たことがありました。
そのシースンにはちょっと早いけど・・ふと訪れた日でした。

遠く、松嶽山山頂も見えていますね。

12100406.jpg




ぐるっと廻って道路の下をくぐり抜け出たところがここ(上の写真は右奥で撮りました)
こちらは野中から杣尻を見ていることに・・・。

12100410.jpg



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


風景 | コメント(4) | トラックバック(0)

ある風景・・杣尻?

2012/10/27 Sat 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

ここも杣尻?ですよね!。

12100405.jpg

グーグルマップレンタルサーバー




山陽本線のガードをくぐり抜けると広く見渡せる広い田園風景の場所に出ます。
またまた、貨物列車!。 好きですね~!。

12100408.jpg


今くぐってきたガードの上を通り過ぎて行きました。この時は下りの貨物でした。

12100407.jpg

あの雲、パンの形みたい・・揚げパンで似たのありますね!。
そう思ったのはもしかして・・お腹空いてたのかな




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします






風景 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。