スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
この山下記念図書館にはまだ一度も入ったことがないので、写真を見てもどこの写真か分かりません。

10 (600x449)

あのグリーンのシミがアクセントになって、この写真、日本のものとは思えませんね~!。
そういえば画像の隅っこに日本とあります。

11 (600x450)

長い年月が経った建物ですから相当痛んでしまったようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


スポンサーサイト
古い建築物 | コメント(6) | トラックバック(0)
ようやく図書館内部ですが、私はこの図書館内部は一度も見たことはありません。

なので、はなみずきさんから届いたこの写真を掲載する順番が分かりません。

番号順(1番から)載せていきます。

1 (600x320)

どうやら2階の窓です。


あの台がら・・子供の頃、母方の実家の土間にあったので餅つきの時、手伝いと称して
柄にぶら下がった思い出があります。

2 (600x390)

ここから見える花壇には白い彼岸花が咲いていて、撮ったことがありました



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


古い建築物 | コメント(4) | トラックバック(0)
元厚狭図書館の玄関の上にあるこのマーク。
早速、まさちゃんさんが撮影した画像の中から探し出して送って下さいましたので、
今日は内部をご紹介する予定でしたが変更して 入り口の紋章の写真を掲載します。

IMG_5389 (500x333)


この図書館が完成した年は、(昭和8年=1933年)満州国が建国宣言した年というご時世ですから・・
まさしく旭日旗を模したデザインではないかと思われますが 真ん中は2機の飛行機のようにも見えますし、
山下の文字が入っているようにも見えますが、定かではありません。あくまで推測です。


山下大尉が乗っておられた飛行機は昭和初期を代表する陸軍機、八八式一型偵察機です。
その機種はエンジン部が四角かったので視界が悪かったそうですから、空中衝突事故につなっがったのかもしれません

若き命を散らせてしまった山下裕大尉の親御さんの悲しみはいかばかりだったことでしょう。
その後、第二次世界大戦を経て、世の中も変わり、山下大尉のことは忘れ去られてしまったのでしょう。

当時、厚狭に一番必要とされていた図書館に御下賜金を全額寄付された
石束の山下美代蔵氏の”息子の死を無駄にすることなく・・”この思いに対しこのままで良いのかな~!と
思ってしまいます。




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


古い建築物 | コメント(4) | トラックバック(0)
今日もはなみずきさんからお借りした元山下記念町立厚狭図書館の外からの写真です。

当時はさぞ立派な建物だったことでしょう。
完成当時の図書館の思い出話を聞きたいものです。

9 (600x351)


寄贈された立派な図書館が厚狭の多くの人材を育てたことは忘れてはいけないと思います。


山下大尉のお墓は招魂場にあります。こちら
どんな想いでこちらを眺めておいででしょう・・・。

7 (337x450)

8 (500x460)

次回から内部へ入ります。

追記
ご覧のように 最近スパムが入るようになりましたので、コメントはしばらくの間、承認制に変更しています。



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします



古い建築物 | コメント(2) | トラックバック(0)
追記
ご覧のように最近スパムが入るようになりましたので、コメントはしばらくの間、承認制に変更します。


今日のふるさとの窓はこちらです。

このたびも はなみずきさんより写真を提供していただき、なんとか続行できます。
この写真は長い間スタンバイしていましたがやっと登場です。
今日は外観ですが・このシリーズでは内部もご覧いただけます。

山下記念町立厚狭図書館>が正式な名前でしたが省略して書きますが、あらためてこの記事を載せておきます。

昭和7年2月8日、埼玉県所沢と三重県明野間で無着陸野外航空法演習が行われた。
八八式偵察機を操縦し、目的地の明野陸軍飛行学校上空にさしかかった時、不運にも同校の911式戦闘機と空中衝突し散花したのが石束出身の山下裕大尉だった。享年31歳

山下大尉の父、山下美代蔵氏は息子の死を無駄にすることなく、菩提を弔うため当時厚狭で最も必要とされた図書館の建設に御下賜金の全額を寄付した。
昭和8年2月に厚狭小学校敷地に完成。11日に落成式が行われた。

町内では初めての鉄筋コンクリート造りであり外観内容共に全国的に注目され町内の誇りだった

図書館は昭和47年、常盤町の新館に移り、その後の記念図書館跡内部には 町内から集められた農機具などが
ぎっしり詰まっており、いつの日か日の目を見る日を待って・・・待ちすぎてしまいました。



5 (650x183)


6 (600x450)


もう随分前、この古い建物のことを書きました

あの時のコメント覧も是非お読みください。




写真は何枚もありますので、例によって・・・小出しで載せていきます。



どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします



古い建築物 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。