スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

殿町踏切にて

2012/05/22 Tue 07:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

12050801.jpg


ドクターイエローの写真を撮って意気揚々と帰り道

前方踏切に電車がくる気配

ズーームで撮りました。


上の新幹線高架にドクターイエローが走っていたら最高ですが・・・




どこにでもある風景だけど
     ここが故郷の人には ここは思い出の場所
    
        このブログは“ふるさとへの窓” 
 (山陽小野田市 厚狭) 


厚狭の景色を画像で残しておきたい
そんな気持ちで黙って撮った画像の数々 どうぞご容赦を!
ご協力があればこそ!お陰様でこのブログが続けられます。
もしご都合悪ければ、お知らせ頂ければ削除致します




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ←応援お願いします


JR列車 バス等乗り物関連 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
新幹線高架が山陽本線の踏切より向こうにあるということは、ここは殿町の下津側ですね。
毛利家の居館のあったところが近い場所だと思いますが、この道の脇にはかつて家臣の方々の屋敷が並んでいたのでしょう。

先日帰省した時に、それらの屋敷はもう残っていないけど、今もあったらどんなだろう?と妄想しながらお散歩しました。
>びわ子さん
そうです。
毛利家居館址のところからドクターイエローを撮りましたから、そこから踏み切りに向かう道です。
私も昔の風景を脳裏に描いてみたりします。

びわ子さん
殿町四区から殿町三区に向かっての撮影ですね。
踏切を越えてまっすぐ行って突き当りが殿町二区の
貞源寺。
写真後ろ側に厚狭毛利家臣であったお屋敷は今もありますよ
しかし、当時のままとはいきませんがまだ住んでおられます。

殿町と言えば、井上省三と言う人物をご存知でしょうか
毛織物の父と言われた人物です、ネットで検索すれば
すぐにヒットすると思います。
この井上省三、埴生出身の外務大臣を務めた青木周蔵と
同じような人生を送ってますね。

ドイツに渡り、ドイツ人の女性と結婚し女の子が生まれて名前もどちらもハナと名付けられたそうです。
旧山陽町もその昔、結構偉大な人物を輩出していると
思いませんか。
>まさちゃんさん
すごい!日本毛織物の父という人が厚狭出身なんですね。青木周蔵とダブっていましたが・・・。
熱海に銅像があったり・・厚狭は何もしてませんね。
なんか・・・残念です。

ひがんばなさん
井上省三、出身は宇津井村いまの下関市王喜の生まれで
生まれてすぐに殿町の武家にもらわれたそうです。
厚狭はなにもしてませんね、それには省三側が
原因と思われます、この話はまた。
それに、青木周蔵の別荘は素晴らしいですね
確か那須にあるのでは?

旧山陽になくて良かったかもしれませんね
こちらにあったら、今は石碑だけになってるかも
しれませんからね。
>まさちゃんさん、ひがんばなさん
恥ずかしながら、本日初めて、この方のお名前を知りました。教えていただいてありがとうございました。
ネットの情報には「厚狭郡宇津井村の庄屋出身」としっかり書いてありました。荒川区のHPには紹介の動画まであるようですけどね…

郷土の偉人なのに、ネットで初めて知るなんて、そういうのもどうかとわれながら思いました。
きちんと「我々の郷土について」を教えてもらっていたら、「なんの変哲もない片田舎」というふるさとを見る視点は、もっと早くに変わっていたと思います。

現在の教育委員会の方々にお願いしたいのは、義務教育のうちから、身近な「あさの歴史」を教えてあげて欲しいということです。
このブログでもいいんです。「きみが住んでいるところはこんな街なんだよ」と教えることの方が、英語を必修化するよりも、ずっと意味があることだと思うのですが…
>まさちゃんさん
厚狭郡宇津井村(下関市)となっていたので変だなと思いましたが下関生まれで厚狭に養子?
木嶋又兵衛は厚狭の生まれで養子に行った美祢市に生誕の地として碑がありましたね。
厚狭だって生誕としても構わないのですが奥床しいというか・・(笑)。

青木周蔵は又表舞台で名を馳せた人ですからね。

しかし厚狭はすごいですね。

>びわ子さん
確かに・・子供の頃、偉人伝が影響を与えますからね。身近に立派な人が居ると言う事はどれだけ励みになるか分かりません。
No title
井上(伯野省三)を祖先に持つ男性で愛知県に在住しています。伯野と云う性は珍しく愛知県には同性の方は居られませんでした。山口下関市(旧厚狭郡)王喜町宇津井の省三生家に就職前まで居ました。省三に付いてはドイツ人と結婚され小生は参加できませんでしたがドイツ人の子孫が伯野家(生家)を訪問されたと聞きました。
現在は下関史跡として生家の表記が前庭に設置されています。ネットで紹介され簡単に小生のルーツを知って貰う為には大変御世話に成っています。
>負けるな日本さん
コメント書き込みありがとうございます。
井上省三氏の子孫の方なんですね。感激です。

厚狭には伯野と言う静は多いのですが、そうですか。

このブログは引っ越して、最近はライブドア「こんな町に越してきた3」で書いていますので、このコメントはあちらに書きくわえさせていただきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。