スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

細迫邸本家

2015/05/13 Wed 06:00

今日のふるさとの窓はこちらです。

ここは先日、川土手の桜越しに見た、あの大きな邸宅の細迫邸。

P1170065 (600x398)

P1170068 (600x398)



一番奥に蔵が見えてますね。蔵も素敵なんですよ。
アップで撮ってなかったのが残念です。

P1170067 (600x398)


又 今度来たら撮りますね。




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ
にほんブログ村>←応援お願いします


古い建築物 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
伝記
去年、紹介いただいたので伝記本買って読みました。保守の地域かと思いきや、いろいろな思想も許される?地域なんでうね~。特に秘書の方が後半、こぼれ話を載せてます。細迫さんのお人柄が偲ばれますね。
No title
本当に素敵なお宅ですよね。この三つ重なった屋根の見事なこと。
美しいですよね~!

鴨ノ庄には本当に素晴らしいお宅がまだ残っているので、伝統的な建物を保存する方向で、行政も今のうちに戦略を考えて欲しいです。

本家と分家、二つ合わせて、建物の所有者から許可をもらって登録有形文化財になるようにして欲しいなと思います。専門家が見たら、垂涎の的となるような建物だと思いますが…。
>こんちさん
細迫兼光さんはここで育って、護憲されてここからほど近い場所に新宅を建てられていますね。そこも今、どういう使い方をするかと検討中ですね。
なんとかここと合わせて、使い方を考えていただきたいです。
このお屋敷は半端じゃないですよ。
>びわ子さん
厚狭地区のこういうものを知らないからでしょう。
商店街の白壁の家並みも消え、ここも消えたらもういいとこなしです。
そうなったら、もうブログで厚狭の紹介もできなくなります。
No title
このお屋敷はいつごろ建てられたものなのでしょうか?

昔の建物は 大きな梁などをふんだんに使い丁寧にしっかりと作られているからこそこうやって今日に至るまで立派に存在し続けているのです。

でも住み続けて維持なさるのは本当に大変だと思います。山野井にある大田家も然り、これこそ厚狭の文化遺産です! 千町通りの残り少ない古い商家共々何とか保存するために行政も力を注いでほしいです。

鳥越の厚狭川沿いの山の中腹にあった熊谷家は 今どうなっているのでしょうか? 気になります。立派なお屋敷でしたよ。

厚狭を離れて約50年! 何の変哲もない田舎町だと思っていましたのに大間違いでした! あ~~もったいない! 気付かせてくださったのは ひがんばな様あなた様です! まだ間に合うことはきっとありますよね。

ごめんなさい、ただの嘆き節になってしまいました。なんだかよく分かりませんが 皆様よろしくお願いいたします。


>motossさん
住んでおられた方がお亡くなりになって、今は空き家です。
ここは市が何とかしようとしてるとは聞きました。

鳥越のお屋敷?私が行った家とは違うのかしら?蔵があって、式台玄関があって・・・。
中腹というので違うかもしれませんが・・一つ下の立派な家は、新しく建て替えられた家でした。
私も古い家しか目に付かないので、他には古い立派な家は見当たりませんでしたよ。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。