スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

厚狭の中の領地関係略図

2015/05/25 Mon 06:00

5/22の「輝け厚狭の軌跡」に追記しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

熊谷家を調べていると、山陽町史に「寛永の配置替」ということで こういう図が載っていました。

一見、私が書き込んだ手描きのように見えますが、山陽町史の図がこれです。

img114 (445x600)

厚狭毛利領の北側、ここ鴨庄の位置に熊谷領とあります。

点在する小さな円に斜線が描かれた地域は、長府毛利家の領土だった所で、いずれも境界線は不明ということです。
山野井の太田家は長府毛利の領地だったのですね。
領地は時代によって、変化しています。

町史によれば
「寛永2年の熊野検地に基づいて全国的に配置換えが行われた。
長府毛利の飛び地、一門家老厚狭毛利氏の本領、諸氏の給領地、および蔵人地が混在し
支配関係は非常に複雑であった。
鴨庄は17人の領地の入り交じり、末益村は8人・・・・」

厚狭は領地が入り乱れていますね~!それに蔵人!。

有帆に在住した宍戸家家老 福間家の系図に、「元禄の移転に際して鴨庄の居宅を熊谷氏の
家老、桐原氏に譲り・・津布田に移った」とあります。

鴨庄は次々と替地となったようです。

こんなややこしい厚狭を含む山陽町史をよくぞ完成されたと、当時のご苦労をしのびつつ町史を広げています。

神戸から厚狭に住まいを移し6年半、(その後、小野田で2年)、厚狭のことを何も知らなかった私に 様々な出会いをもたらした厚狭、今、こんなふうに偉そうに・・厚狭の歴史を紐解きながら書いています。
歴史が大嫌いだったのに・・どうしたことでしょう。

山陽町史を読み、ネットで調べながら書いていますが、理解力の足りない部分があって、説明不足もあるとは思いますが・・
そこはお許し下さい。

最初は「このブログは写真だけ載せるブログ、歴史はパスね」と 逃げておりまして、最近、説明をちょこっと書くようになり調べて行くうち、さらに厚狭にどっぷりハマりました。

写真だけ載せると言っても、写真が得意で見せたいということでなく、今までの経験から、
遠く離れた所でふるさとを想う・・
そんな方のために、故郷の景色を届けたい!それなら私にできる、そんな気持からでした。


FC2が消えるかもしれないという情報を知り、このブログは消してはいけないと、
大急ぎでバックアップをとったり面倒な移行作業をしています。

来月から新しいブログで 始めたいと思っています






にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山陽小野田情報へ
にほんブログ村>←応援お願いします





地域の歴史や伝説 古墳&遺跡 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
FC2に何があったのか、実際のところ、私はあんまりわからないんですけど、このブログが消えてしまうととても困るので、ひがんばなさんが素早く行動に移してくださって、ありがたいです。

ところで、鴨ノ庄って、京都の下鴨神社の荘園だったと聞いてます。京都の社寺の荘園がこんな片田舎にまであったなんて、面白いと思うと同時に、朝廷の力が日本全国津々浦々に及ぶということはこういうことなんだなあと実感できますね。

私も日本史が苦手(いまだに室町と鎌倉の順番を間違えたりします)なのに、厚狭の歴史をこうして知る間に、少しずつわかるようになりました。いろいろ調べて教えてくださってありがとうございます。
>びわ子さん
厚狭川を加茂川と言った時期もあるそうで、どこまで京都を追うのか?と不思議な気がしましたが、荘園だったということ、そして帝に仕える蔵人が、領地を持っていたなんて、そんじょそこらにある話じゃないと思うのです。
私も調べていて、びっくりしました。

まだまだ調べたら出てきそうな気がします。

FC2は社長が逮捕されて、ヤバいと言う噂です。
プライベートのブログなら消えたらそれでおしましでもどうってことないけど、このブログは厚狭の宣伝ツールなので、捨てきれません。
感謝
勉強させていただいております。
故郷を離れて初めてわかることばかり。
いつも、とはいきませんが読ませていただいております。
来月のデゴイチ講演には行きます。
>こんちさん
読んでいただきありがとうございます。

私は書きながら勉強しております(*^_^*)。
おはようございます
早速、訪問しましたv-410
近くにいながら知らないことばかり・・・v-404
よろしくお願いいたします。
>おちょねさん
訪問、ありがとうございます。

もう厚狭に住んではいないのに、厚狭の魅力にとりつかれこうして続けています。
こちらこそよろしくお願い致します。

No title
わ~~ひがん花さん 頑張ってバックアップして下さい!

先日の鳥越の熊谷家のことが気になって 2011.04.23に載せていただいていたお屋敷にやっとたどり着きました。それこそ同級生だった熊谷さんのお宅、小学生の頃遊びに行ったお宅でした! 山の斜面に建っていて その斜面に沿って廊下があり棟と棟をつないでいたことが記憶に残っています。今熊谷さんとは音信が途絶えてしまっていますが友人に訪ねてみたいと思います。

彼女から直接熊谷家のことをお聞きできればいいですよね~~その頃私達はその熊谷家は毛利家の家老のお家柄という風にお聞きしていました。厚狭の歴史って
本当に古いのですね、改めて教えられています。ひがん花さん これからも宜しくお願いいたします。
>motossさん
4/23~4/26まで熊谷さんの記事を書いています。
そうですか!懐かしいでしょうね。

鳥越は厚狭毛利の領地だったので、熊谷でも鴨庄のとは係累が違い、厚狭毛利の要職にあった家と思いますよ。お武家さんだった家、それも相当位の高いと思った通りで、やはり家老でしたか。
恐らく、あの一帯を差配してたはずです。

この家、車で通るたび、遠くから私を呼ぶんですよ(笑)いつも目が家に向いてしまい、これは行かねばと行ってみたのです。
当時の厚狭図書館の館長さんが、「よくあの家に行ったね~!」と言われたのを今も覚えています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。